残業150時間

      2018/04/29

私は、大学卒業後、某大手コンビニエンスストアに就職しました。

 

1週間程度の研修を終えると、

自分の住んでいる県のお店に配属が決まりました。

 

最初は実家から40分(自転車⇒電車⇒徒歩⇒お店)程度で

通える直営店(オーナーさんが経営するフランチャイズ店とは違い、会社の正社員が店長を務めるお店)に配属されました。

 

そこでは平社員として、レジの打ち方から商品の知識、

試食販売や御用聞き(鰻の季節になると近隣の住宅を訪ねて、

うな丼弁当の予約をとったりする)を実践したり、

店長、副店長からの指示をこなすなどの働き方をしていました。

 

2店舗目も同じ県内で,

ドアツードアで1時間ぐらいのお店に配属され

1店舗目と同じような活動を行ってきました。

 

 

ただ1店舗目と違い、そこのお店の店長さんとは

すぐに打ち解けることができずに、非常にお店に行きたくない期間が2週間ほどありました。

 

しかし、2週間程過ぎると、そこの女性店長、

男性の副店長(両人共に正社員)とも打ち解け、仲良くなりました。

 

このお店には、同期何人かも配属されていたので、

店長、副店長、同期何人かも含め、

非常にアットホームな環境で仕事をすることができとても楽しかった思い出があります。

ずっとこの環境で働いていきたいとさえ思ったことを覚えています。

 

しかし

入社から半年ほど経った時に副店長として

福島のいわき市にある店舗への異動の辞令が出ました。

 

いつかは辞令が出るのは知っていましたが

福島とは考えてもいなかったので、かなりショックを受けたのを覚えています。

 

 

辞令が出てから2週間後。。。

私は福島県のいわき市の直営店に副店長として

配属されました。

そこの店長さんとはまあまあ上手くやっていくことができ、

特に人間関係も問題はなかったです。

 

店長さんとは趣味が同じスロットの話で盛り上がったりして

良好なコミュニケーションが取れていたと思います。

 

しかし!

コンビニは24時間営業なのです!!

 

皆さん、ご存知のように(笑)

基本的には店長、副店長はお店にいる時間は

1日約10時間程度。

 

しかしそれはあくまでも、パートさん、アルバイトさんが

きちんと時間通りに働いてくれたらのお話。

 

コンビニ業界では、パートさんはともかく

学生さんがアルバイトがバックレるなんてざらなんです。。。

 

そうなると1日15時間勤務

最悪30時間勤務なんてのもありました。。。

 

こうなると1ヵ月の残業時間はどんどん増え

ついに

150時間超え!!!

 

過労死ラインを完全に超えていますorz

 

皆さんも就職される際は

よく会社を選んだ方が良いと思います。

 

決してブラック企業に入らないように

注意してくださいね。

 


 - 残業150時間