自律神経失調症

      2018/04/29

こんばんわ。

 

うつ病の方が少しでも楽な気持ちに

なっていただければありがたいと思い

このブログを書いています。

 

さて、福島県のお店で某大手コンビニエンスストアの

副店長をやっていた頃の話です。

 

パートさん、アルバイトさんのバックレが

段々と多くなっていき、僕の残業時間は

150時間を超えていました。

 

そして、福島のいわきという地で友達も当然いなく

たまの休みはスロット三昧という堕落した日々。。。

 

僕は段々、しんどくなっていました。

 

しかし、店長さん、パートさん、アルバイトさん

との関係は良好だったので、長時間労働もなんとか我慢できました。

 

 

福島に来て4か月経った頃、

宮城県へのお店へ副店長として赴任することとなりました。

 

 

これが全ての始まりでした。。。

 

 

赴任初日、新幹線で最寄りの駅で降りると

店長さんが、車で迎えに来てくれていました。

 

 

僕:「本日からよろしくお願いします!!」

店長:「うん。。。」

 

ん?なんか怒ってる?

 

その時はそれぐらいにしか思ってませんでしたが

後から思えば全てはここが始まりでした。。。

 

 

店長と副店長という間柄、かなり密に

コミュニケーションをとらなければならないのですが

僕が何を言っても答えは

 

「うん」とか「ああ。。」しか返ってきませんでした。

 

この状況が1週間続き、僕のメンタルは

崩壊寸前でした。

 

そして1週間と1日が過ぎた時

 

朝起きると自然に涙が出ていました。

 

もう無理だ。耐え切れない。。。

精神的にもう限界でした。

 

泣きながら親に電話したことを昨日のことのように

覚えています。

 

何かがおかしい。。。

 

そう感じた僕は、会社に連絡を入れ

ひとまず地元に戻ることになりました。

 

そして、会社を休職することになったのです。

生まれて初めて、心療内科を受診しました。

 

医師から告げられた言葉は

 

【自律神経失調症】

 

生まれて初めて精神の病気になったのです。

心療内科から

 

『ドグマチール』

 

という薬を出されました。

※お薬『ドグマチール』:脳内の伝達物質(ドパミン)に作用することにより、抑うつ気分、不安、緊張、興奮をしずめ、精神状態を安定化します。
通常、うつ病・うつ状態の治療や精神状態の安定化に用いられます。

 

 

ドグマチールを飲んで1週間程経つと、体の状態もよくなり

薬を飲まなくなりました。

 

毎月の診察を受けて、ドグマチールを出されましたが

体調は良好だったのでそれは飲まなかったです。

 

休職中でも給料の6割ほどは毎月もらえていたので

僕はそのお金で旅行をしていました。

 

好きな場所に好きな時に行けるというのは

とても楽しかったです。

 

 

 

これを読まれている方も、休職中は

自由に好きなことをすることをオススメします。

 

休職に入ったばかりの時は、ゆっくり休むことも

大切かと思いますが、きちんと処方された薬を飲み

体調が良くなってきたら、

 

なるべく、短時間でも良いので

外を散歩したり、晴れの日は太陽の

光を思いっきり浴びる事をお勧めします。

 

本日は以上です。



 - 自律神経失調症