心と体が鉛のよう

      2018/04/29

こんにちは。僕です。

 

某大手コンビニエンスストアに

新卒で入社し

自律神経失調症を患い

2年で退職しました。

 

休職期間が1年間あったので

実質働いたのは、約1年間です。

 

休職、転職活動を経て

小さな(社員20人程度)の広告代理店に

就職しました。

 

面接時に自分の趣味でもある「映画」関連の

仕事をさせてもらえるという条件で

入社しました。

 

所がいざ、入ってみると

 

「映画の仕事はなくなったから

自分で新規の仕事を探せ!」

との社長命令。。。。。

 

 

唖然とする僕。

 

というのが前回までの内容でした。

 

その日は結局、広告関連の本を

読んだり

業者の方と顔合わせをして定時に

帰ることができました。

 

 

しかし、帰りの電車の中では

動悸が激しく、冷や汗をかいている

自分がいました。

 

「あー、明日から0から仕事を探さないと。。。」

 

そう思うだけでかなり憂鬱な気持ちになったのを

今でもはっきりと覚えています。

 

その日は次の日から始まるであろう

【戦い】

に備えて、早めにベットに入りましたが

なかなか眠れませんでした。

 

「新規っていったいどうやってとればいいんだ。。。。」

頭の中はそれでいっぱいでした。

 

気が付けば朝になっていました。

 

入社したばかりなので

早めの電車に乗って、会社の最寄り駅に

着きました。

 

しかし、そのまま会社に行く気が起きず

近くの喫茶店に入りました。

 

コーヒーを飲みながら

仕事のことを考えていると

どんどん憂鬱な気持ちになり

 

【会社にいきたくない病】

 

とでも言うのでしょうか?

 

心がずしんと重く感じました。

 

それでも重い腰を上げて

なんとか会社に着き

精一杯の声で

「おはようございます!」

と挨拶。

 

しかし、数人出社していたメンバーは

仕事が忙しいのか、返事は返ってきませんでした。

 

これで、さらに、僕の心は重くなり

うなだれるように自分の席につきました。

 

朝礼が終わり、恐怖の「新規顧客獲得」

の時間がやってきました。

 

先輩社員の方に、アドバイスをもらおうと

思いましたが、皆、「話しかけるなオーラ」が

出ていたので、自力でなんとかしようと決心しました。

 

「どの業界でもいいから。」

と言われていたので、PCでとりあえず

何社かを選出して、恐る恐る電話を

かけてみました。

 

電話すること30社。。。。。

 

どこも撃沈でした。

 

午後になってまた電話をかけまくり

100社以上はかけたでしょうか。

2件、何とかアポをとることができました。

 

しかし、慣れない新規開拓。

断られ続けた1日に、僕の心は爆発寸前でした。

 

その日から真っすぐ会社に行けなくなり

朝は必ず喫茶店に寄り

心を落ち着かせる毎日。

 

会社に着くと、ひたすら新規開拓で

電話をかけまくる毎日。

 

そんな生活が2週間ほど続いたある日。

 

朝起きると、なんだかいつもとは調子が違いました。

 

心と体が鉛のように重たく、動けなかったのです。

 

 

皆さんはこんな経験ありますか?

 

こんな状態に陥った時は

うつ病又は自律神経失調症の可能性があります。

すぐにメンタルクリニックなり心療内科に行くことを

おすすめします。



 - 心と体が鉛のよう