お薬 デパス

      2018/04/29

こんばんわ。僕です。

 

某大手コンビニエンスストアを自律神経失調症で退職し

転職した小さな広告代理店で

うつ病を発症。

 

2年間務めて、ちょうど軌道に乗り始めた矢先

整理解雇

されるという屈辱を味わいました。

 

そして2回目の転職活動で、

興味のある『映画』関連の会社に

転職することができました。

 

映画関連の出版社のB社という所です。

 

出勤初日。

 

僕は期待に胸を膨らませて

会社に出勤しました。

 

営業部に配属された僕は

まずは部長の所に挨拶にいきました。

 

部長はとても良い方で

面接の際も、やさしい言葉をかけてもらいました。

 

部長への挨拶が終わったので

営業部の他の方々に挨拶にいきました。

 

メンバーは6人ぐらいで、全員40代以上でした。

 

「おはようございます。本日からお世話になります。」

といった感じで挨拶をしました。

 

所が・・・

 

ひどく反応が悪いのです。

 

挨拶をしても

 

「ああ」

とか

「うん・・・。」

といったような返事。

 

あれ?反応悪いな・・・。

その時はそれぐらいにしか思ってませんでした。

 

しかし、営業部の全体が、なんだか暗いというか

どんよりとした空気が漂っているのです。

 

悪いことと言うのは残念ながら続くもので・・・。

 

とにかく営業部全体がピリピリした空気が常に

漂っていました。

 

それは、入社2日目、3日目になっても変わらず

営業部の会議中なども変わりませんでした。

 

また、部長だけは優しいのですが

他のメンバーはかなり僕に厳しく

パワハラといってもおかしくないようなことが

入社初日から毎日続きました。

 

そうなると、うつ病

を患っている僕の心はズタボロになっていきました。

 

そして、また例の

会社行きたくない病

が起こり始めたのです。

 

しかし、せっかく映画に携われる仕事に就けたので

そう簡単には辞める訳にはいきません。

 

しかし、日を増すごとに強くなってくるパワハラ・・・。

 

僕の心はますます病んでいきました。

それをお医者さんに相談すると

 

デパスというお薬を出されました。

 

■デパス・・・心と体の調子を良くする薬です。

不安や緊張を取り除く薬です。

 

デパスは、すぐに効いてくれて、不安感などが

少し減りました。

 

ただ、このお薬は強烈な眠気を伴います。

 

仕事中に強烈な眠気が襲ってきて、居眠りしてしまう

こともしばしばありました。

 

そんな僕の様子を見ていた営業部のメンバーは

ここぞとばかりに僕にパワハラをしてきました。

 

コンスタンデパスを服用しているとはいえ

うつ病の僕には流石に耐え切れませんでした。

 

入社から1ヵ月程経ったある雪の日

僕は会社に辞表を出しました・・・。

 

今思えば、完全にパワハラを受けていたので

こちらから辞めるのは完全に間違っていました。

 

もし、同じように現在、パワハラを受けている方が

おられましたら、絶対に泣き寝入りせずに

会社と闘ってください。

 

 


 - お薬 デパス