過労で倒れて救急車

      2018/04/29

こんばんは。僕です。

 

某大手コンビニエンスストアで自律神経失調症を患い

2年で退職。

 

従業員20人ほどの広告代理店に転職するも

そこでうつ病を発症。

うつ病を抱えながらも頑張り、仕事が軌道に乗ってきた所で

突然の整理解雇

 

そののち、某出版社に転職。

パワハラに遭い1ヵ月で退職。

 

失意のどん底へ・・・。

 

ある1冊の本との出会いから復活を果たし

再び転職活動を開始。

 

従業員100人程度の某広告代理店に就職。

しかし、そこで待っていたのは

終電、完徹、泊まり込み当たり前の環境。

いわゆる超ブラック企業

 

と、仕事に関してはとことんついていない自分。

 

しかし、全ては自分で選んだこと。

文句も言えないです。

 

お薬は、この時

■サインバルタ・・・憂鬱な気分を和らげ、やる気がなくなる、不安といった症状を改善するお薬

■リフレックス・・・不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

■デパス・・・不安や緊張を和らげます

■レキソタン・・・不安、緊張、抑うつ、強迫、恐怖や睡眠障害を改善します。

 

と、4種類飲んでいました。

これだけ飲んでいるのに治らないうつ病と自律神経失調症・・・。

 

と、まあこれだけの薬を服用して終電まで月曜日~金曜日まで

仕事をしていました。

 

そんなある日のこと。

その日は特に忙しく、色々な書類の締め日だったこともあり

課長は朝からかりかりしていました。

その空気は朝から自分にもばんばん飛んできました。

お客さんのところまでダッシュで行ったり

帰ってきて業者さんと打ち合わせをしたり

書類をまとめたり、資料を作ったり・・・。

 

お昼もとれず、薬も飲めない状況で

午後になりまたお客さんの所に行き商談をしたり・・・と

とにかくあり得ない程、忙しかった記憶があります。

 

前日も終電で、その日は始発で行ったので

睡眠時間は2時間ほどでした。

そこに激務が重なり・・・・・・・・・・。

 

 

「大丈夫ですか?わかりますか?」

目の前には救急隊員さんが自分の顔を覗き込んでいます・・・。

そして僕は床に寝ています。

あれ?

なんだこれ?

どうなってるんだ?

なんで寝てるんだ・・・。

なんで救急隊員さんがいるんだ。

隊員さんが懐中電灯のようなもので

僕を照らしています・・・。

 

そして

「せーの!」という声が聞こえて僕はタンカーに

乗せられました。

そして黙々とどこかへ運ばれていきます。

 

そこで初めて状況を理解しました。

『俺、倒れたんだ・・・。』

額にガーゼがかかっていたので、ふと触って見てみると

そこには大量の血が・・・。

 

そうです。

僕は過労で社内で倒れて意識を失ったんです。

気が付くと救急車に乗せられていました。

ぴーぽーぴーぽー

あ、救急車の中なんだ・・・。

 

幸い大きなけがはなく、瞼の上を少し切ったぐらいで

済みました。

 

しばらくして病院に両親が駆けつけてくれました。

 

両親と軽く会話を交わした後、僕は決心しました。

 

「会社辞めよう・・・。」と。

 

僕の場合、自分でつらい場所、つらい場所へと

行ってしまっていたような気がします。

僕の体験を参考にしていただいて、正しい会社選びを。

もし、うつになってしまったら、正しい病院(お医者さん)選び

をして欲しいと思います。

 



 - 過労で倒れて救急車