懲りない自分とうつへの苛立ち

   

 

 

 

 

おはようございます。僕です。

 

新卒で入った某大手コンビニエンスストア

自律神経失調症を患い2年で退職。

 

転職した小さな広告代理店で

うつを発症

 

するも頑張って仕事が軌道に乗ってきた

所で、まさかの

整理解雇

 

どん底に落ちたような気分になるが

再び転職活動をして

自分の趣味でもある「映画」関連の

書籍を出している某出版社に転職。

するも、執拗なパワハラに遭い

わずか1ヵ月で退社・・・。

 

この時ばかりはさすがに

起き上がれない程、症状が

酷くなる・・・。

 

が、1冊のある本に出合ったことが

きっかけで、復活。

 

従業員100人程の広告代理店に転職。

その会社は

終電・完徹・泊まり込み当たり前の

超ブラック企業でした・・・。

 

2年半ほど働きましたが

過労で社内で倒れ

救急搬送される・・・。

 

これをきっかけに退社を決意。

 

半年ほど、人生を休む。。。

 

貯金も底を尽いてきたので

再び、転職活動をして

不動産仲介業者に転職。

 

するも、またしても不幸が重なり

辞表を提出

 

という所まで前回書きました。

 

振り返ってみると、人生

とことん、ついてません。。。

 

しかし!

 

止まってはいられないのです。

前に進むしかないのです。

 

僕は再びエージェントを使い

転職活動を行いました。

「次こそは!次こそは!」

 

という気持ちで。

転職活動1ヵ月ぐらいで

某大手広告代理店のグループ会社に

内定が出ました。

 

その時の僕は

「今度こそは!!!」

というとても強い気持ちでいました。

 

家から会社まで

ドアツードアで2時間かかるのが

少しネックでしたが

大手広告代理店のグループ会社

だったので、安定していました。

 

仕事が22時までかかることはありましたが

終電や泊まり込みはなかったので

ほっと安心しました。

 

納会で酔っ払いの相手をさせられた時は

久しぶりに殺意を覚えましたが(笑)

 

「ここなら、頑張ればやっていける!」

 

そういう想いで毎日、満員電車にも耐え

上司の嫌味にも耐え

毎日頑張っていました。

 

しかし、ある時です。

 

忘れかけていた【例のやつ】

が再び牙をむいてきたのです・・・。

 

そうです・・・。

うつ

です・・・。

 

まだまだ、治っていなかった僕は

薬を飲みながら

だましだまし、会社に行っていました・・。

 

しかし、ストレスはどんどん溜まっていき

ついにはコップの水が溢れ出してしまったのです。。。

 

ある日、朝起きると

以前にもあった

無気力・悲しみ・絶望感

 

が襲ってきて、布団から

出られませんでした・・・。

 

その日は、体調不良ということで

会社を休みました。

 

心の中では

「頼む!治ってくれ!せっかく入った会社なんだ!!」

という叫びで溢れていました。

 

次の日の朝。

 

絶望感はもっと大きく

悲しみはもっと大きく

無気力はとても酷い状態でした・・・。

 

「どうしてなんだ。。。なんでこうなるんだ!?」

 

僕は怒りと悲しみで涙が止まりませんでした。

 

結局、症状はどんどん酷くなっていくばかりで、

部屋からも出られない

布団からも出られない状態まで

うつが酷くなってしまったのです・・・。

 

1週間後、僕はまたしても会社に

辞表を出しました。

 


 - 体験談