入院生活1

   

おはようございます。僕です。

大学卒業後、某大手コンビニエンスストアに就職。

そこで自律神経失調症を患い2年で退職。

 

転職した社員数20人前後の

広告代理店で働くも

うつを発症。

それでも、必死に働くが

2年あまりでまさかの整理解雇

 

どん底におとされたような気分を

味合う・・・。

 

しばらくは、酷いうつの症状に

悩ませられるが、

なんとか復活し

趣味でもあった「映画関連」

書籍を扱う出版社に就職

するも

執拗なパワハラに遭い

わずか1ヵ月で退職。。。

 

かなりうつが悪化する・・・。

部屋から1ヵ月出られないという

生活を送る。

 

しかし1冊の本に出合ったことにより

再び復活。

転職活動を再開する。

 

社員数100人程度の広告代理店に

転職。

しかしそこは

終電・完徹・泊まり込みが当たり前の

超ブラック企業

 

しかし、そこでもなんとか踏ん張り

頑張るが

2年半ほど、経った時

過労で社内で倒れ、救急搬送される・・・。

 

これを機に、退職を決意。

再び、奈落の落とし穴に落ちたような

感覚を体験する。

 

半年ほど、仕事のことは考えず

旅行をしたり

読書をして過ごす。

 

貯金も底を尽いてきたので

再び、転職活動を開始。

 

某大手広告代理店の

グループ会社に転職。

頑張って働くも、うつが悪化

退職を余儀なくされる・・。

 

主治医に相談した所

「かなり酷い状態ですね。

入院が必要です。」

と言われ、入院することに・・・。

 

というのが前回まで、書いた

内容です。

 

主治医の先生に紹介された病院に

入院することになりました。

 

幸い、個室が1部屋だけ空いていたので

そこに入ることに。

「とりあえずプライバシーは

確保できた←心の声」

 

その病院は色々な精神疾患の方が

入院していました。

 

うつ病、統合失調症、双極性障害、不安症etc…

 

朝から晩まで、叫んでいる人もいましたし

覚せい剤で捕まった人

暴行で逮捕されて、施錠付きのある部屋

に入れられている人など

 

多種多様な方々で構成されていました。。。

 

結論から言うと

ここの病院は外れでした・・・。

 

指定されたお薬を飲み

週に1度だけ、先生の診療がある以外は

特に何もせず

期待していたカウンセリング等も

ありませんでした。

 

入院してこれかよ!?

 

だったら、家にいるのと

正直、変わらないんじゃないかと

思っていましたが、

入院が必要と判断された以上

すぐに退院する訳にはいきませんでした。

 

入院から1ヵ月程経った頃

症状が良くなってきたから

という先生の判断で

退院することになりました。

 

自分の中では特に、良くなった

実感はわいてなかったので

あまり、納得できませんでしたが

「この病院にいても何も変わらないな」

と思ったので、退院をきめました。

 

このブログを読んで下さっている方で

入院を検討されている方は

病院選びは、慎重に行った方が

良いと思います。

 

ネットで検索して、評判なども

きちんと見極めてからの入院を

おすすめします。

 

 - 入院