うつ(うつ病)にならない為に

   

今は複雑な時代です。

うつ病又はうつ状態

になる方がどんどん増えています。

 

これは、なぜなのか正直よくわかりません。

 

しかし、1度うつになると

【癖】

というか、そういうのが

身についてしまって

簡単に治らないケースも

多いです。

 

僕のように、苦しい思いをしている

人。

 

僕以上に苦しんでいる方はたくさん

いらっしゃると思います。

 

うつの手前でよくなりやすいのが

自律神経失調症です。

 

自律神経失調症とは・・・

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える

緊張するようなところではないのに動悸が起こる

血圧が激しく上下する、急に立ち上がるときに

立ち眩みが起こる、朝起きられない、耳鳴りがする

吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、倦怠感

不眠症、生理不順、味覚障害といった身体症状から

人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ

被害妄想、鬱状態など精神的な症状が現れることも多いです。

自律神経失調症には様々な症状があり、

病態は人それぞれの為、判断しにくいです。

どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは

患者さんによってそれぞれであります。

患者さんによっては、その他の症状は

あまり強く現れないにもかかわらず、

ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、

症状はきわめて多岐に亘ります。

 

自律神経失調症の原因・・・薬物やアルコールの過剰摂取

著しい精神的ショックを起因とするもの

また女性では更年期が原因のホルモンバランスの

乱れ等が挙げられますが、遺伝的に自律神経の

調整機能が乱れている患者さんも存在するため

一概に言う事は出来ません。

しかし、少なくとも患者の半数は

日常生活上のストレスがあると言われています。

 

上記のような症状が出た場合は

要注意です。

 

うつ病又はうつ状態の一歩手前と

考えていいでしょう。

 

この時期に、早いうちに

メンタルクリニックなどの医療機関に

かかって、早期のうちに治療をすること

大切です。

 

しかし、この

自律神経失調症の時点で気が付ける方は

極少数だと思われます。

 

上記のような症状が出ても

 

ただ、疲れてるんだろう・・・。

 

とか

 

寝れば治るだろうと考える方が多い

からです。

 

下記は一般的な、うつ病かどうかを

判定する簡単な質問です。

興味のある方は試してみてください。

 

■この2週間、次のような問題にどのくらい

頻繁に悩まされていますか?

※質問の回答は

★まったくない

★数日

★半分以上

★ほとんど毎日

 

でお答えください。

 

①物事に対してほとんど

興味がない、又は楽しめない

 

②気分が落ち込む、憂鬱になる

または絶望的な気持ちになる

 

③寝つきが悪い、途中で目が覚める

または、逆に眠りすぎる

 

④疲れた感じがする

又は気力がない

 

⑤あまり食欲がない、

又は食べ過ぎる

 

⑥自分はダメな人間だ、人生の

敗北者だと、気に病む、または

自分自身あるいは家族に申し訳がない

と感じる

 

⑦新聞を読む、またはテレビを見る

ことなどに集中することが

難しい

 

⑧他人がきずくぐらいに動きや

話し方が遅くなる、あるいはこれと

反対に、そわそわしたり、落ち着かず

普段よりも動き回ることがある

 

⑨死んだ方がましだ、あるいは

自分を何らかの方法で傷つけようと

思ったことがある

 

半分以上、ほとんど毎日が

半数以上の質問に当てはまる方は

うつ状態、又はうつ病の可能性が

あります。

 

早急に医療機関に行くことを

お勧めします。

 - コラム